2006年05月28日

TOKIO城島茂NHK朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」で父親役

TOKIO城島茂(35)が父親になる!? NHKが26日、大阪市内で10月2日スタートのNHK朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」の出演者を発表。城島がヒロインの父親役を演じることが分かった。
 大阪出身の作家田辺聖子さん(77)の半生を描く作品で、大人になってからのヒロインを藤山直美(47)が演じる。城島は父親役、朝ドラ出演ともに初めてだが「子持ちの役って不思議な感覚。朝ドラは子供のころも見てたし、この仕事を一番喜んでるのは両親かも」と話した。
 しかし、ヒロインの子供時代を演じる山崎奈々(11)の父親が36歳と聞くと「えっ」と絶句。「同級生か…。オレもこれぐらいの子供がいてもおかしくないんや」とぼう然としていた
posted by ジャニ at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2006年05月19日

長瀬主演ドラマにNEWS手越&KAT−TUN田中が共演

TOKIOの長瀬智也(27)が主演する7月スタートの日本テレビ系ドラマ「マイ・ボス マイ・ヒーロー」(仮題、土曜後9:00)にNEWSの手越祐也(18)、KAT−TUNの田中聖(20)が出演することになった。

ドラマは長瀬扮するやくざの若親分が、編入した高校で年下の同級生と恋や友情を育む学園もの。手越は無気力な高校の生徒、田中は若親分の子分役。

ジャニーズ事務所の先輩・長瀬との初共演に喜ぶ手越は「無気力を極めるつもりで全力で突っ走る」、田中は「長瀬くんと手越とのかけ合いを楽しみながら演じたい」とのコメントを寄せた。
posted by ジャニ at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2006年05月14日

国分太一がドイツW杯のTBSキャスターに決定

 TBSのサッカーW杯キャスターを務めるTOKIOの国分太一(31)、加藤浩次(37)、白石美帆(27)が12日、都内で記者会見に臨んだ。3人とも02年日韓大会からの“連投”で、開催地ドイツにも乗り込む。

 中でも国分は、6月18日の「日本−クロアチア」戦と、決勝トーナメント1回戦の2試合(26、27日)に合わせ、2度に分けて現地に入る。特に、決勝トーナメント2試合は、日本が勝ち進んだ場合のカードになり、同局が放送権を持つ。

 テレビ番組のレギュラーを多数抱える中、約2週間で日本−ドイツ間を2往復する“弾丸ツアー並みのスケジュール”。それでも「オファーもない4年前から、マネジャーに6月はスケジュールを空けておいてと頼んでました」。
posted by ジャニ at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2006年04月25日

中村俊輔命名、TOKIOの新曲「Get Your Dream」

6月のW杯に向けたTBSのサッカーイメージソングに「TOKIO」の新曲「Get Your Dream」が決まった。曲名は、セルティックのMF中村俊輔が付けた。また、国分太一が同局のW杯関連番組のキャスターを務めることも決まった。
「Get Your Dream」は俊輔が好きな言葉。TBSを通じて、これを聞いたTOKIOのメンバーが「イメージソングの歌詞に使うだけでなく、ぜひタイトルにしたい」と希望し、俊輔も快諾した。
CDは6月21日発売予定。同局のサッカーイメージソングとして、W杯中継を含むサッカー放送で使用される
posted by ジャニ at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2006年04月22日

TOKIOの国分太一が「しゃべれども しゃべれども」で映画単独初主演

 TOKIOの国分太一(31)が「しゃべれども しゃべれども」で映画単独初主演することになった。原田美枝子主演「愛を乞うひと」(98年)で日本アカデミー賞を受賞した平山秀幸監督(55)がメガホンを執る。

 伸び悩む主人公・二つ目の落語家・今昔亭三つ葉と、三つ葉に落語を習うために集まった無愛想な美人、いじめられっ子の小学生、元野球選手の不器用な生き方を描いた佐藤多佳子さんの同名小説が原作。国分は映画「ファンタスティポ」(05年)で堂本剛とダブル主演しているが、単独での主役は初めて。

 落語家を演じる国分は、今月初めから柳家三三(さんざ)のもとに“弟子入り”し、けいこに励む日々。「落語の面白さに触れ、粋という言葉がぴったりの世界。成長というテーマもあり、自分もどう成長するか楽しみ」と気合十分。三三も「優秀な弟子で、どんどん上達していく」と見込みがあるようだ。香里奈、伊東四朗、八千草薫らが共演。5月1日クランクイン。来年公開予定。
posted by ジャニ at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2006年04月01日

TOKIOがアコースティックライブツアー

 人気ロックバンド、TOKIOが30日、春恒例のライブツアー東京公演を日本武道館で開き、今秋、初のアコースティックライブツアーを行うことを宣言した。8曲目「AMBITIOUS JAPAN!」を歌い終えたトークの時、長瀬智也(27)からビッグニュースが飛び出すと1万2000人のファンから大歓声が沸き起こった。

 関係者によると、ツアー中の3月上旬、山口達也(34)が「一番シンプルな形」のアコースティックライブ開催を提案したことがきっかけといい、他のメンバーも賛同し、実現する。秋にスケジュールを調整し、全国を回る予定。

 TOKIOはこの日も歌にトークに、パワー全開。「君を想うとき」では、武蔵野音大の男女学生50人の合唱というサプライズも。きょう31日に同所でツアー最終公演を迎える。
posted by ジャニ at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | TOKIO

2006年01月21日

DASH村また火事 TOKIOショック

 TOKIOが出演する日テレ系人気バラエティー「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜・後7時)の「DASH村」(福島県内)の炭焼き小屋の屋根が火事で焼けたことが20日、明らかになった。地元警察によると、火災が発生したのは19日午前8時30分ごろ。小屋の中の炭窯から火が漏れ、屋根約12平方メートルを焼いた。けが人はいなかった。日テレでは「安全管理を徹底したい」としている。同番組では03年1月に木造建物が全焼したことがあった。

 番組の名物「DASH村」の炭焼き小屋がボヤに遭った。日テレと地元警察によれば、火事が起こったのは19日午前8時30分ごろ、小屋で、1週間前に火入れをした窯で炭焼きの作業をしていたところ、窯口から火が漏れ、強風にあおられ、トタン屋根に燃え移った。窯口は一部壊れていたという。
posted by ジャニ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | TOKIO

2005年12月28日

TOKIO、ニュー・シングルは松岡主演ドラマの主題歌

ベネッセコーポレーション進研ゼミのキャンペーンソングとして長瀬智也が書き下ろした約1年ぶりのシングル「明日を目指して!」が大好評中のTOKIO。早くも次なるシングル「Mr. Traveling Man」が2006年2月8日に発売されることが決定! 作詞・作曲を大ヒット・ナンバー「ファンタスティポ」の作曲で知られる清水昭男が担当、佐久間正英がアレンジを加えたマイナー調の歌謡ロック・ナンバーです。しかも今作は、メンバーの松岡昌宏が主演を務めるTBS系連続ドラマ『夜王〜YAOH〜』(http://www.tbs.co.jp/yaoh/)の主題歌に決定。このドラマは、2005年5月に2時間ドラマとして放送され好評だった『夜王』を連続ドラマ化したもので、原作は週刊ヤングジャンプで好評連載中。松岡演じる元暴走族の的場遼介がホストの世界に飛びこんでいき、そのピュアさで女性客の心を癒していくというストーリーです。放送は2006年1月13日からスタート、主題歌・内容ともに楽しみに待っていよう
明日を目指して!(初回限定盤A)
TOKIO 長瀬智也 船山基紀 久保田光太郎
ユニバーサルJ (2005/12/07)
おすすめ度の平均: 5
5 聴くっきゃない!
5 頑張ろうという気になります


posted by ジャニ at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年11月27日

愛があればOK!TOKIOが新春ガチンコ料理バトル

人気グループ、TOKIOが、来年1月4日放送のテレビ朝日系「愛のエプロン 正月特別企画 TOKIO 3時間スペシャル(仮)」(水曜後7・0)で料理に挑戦することになり26日、東京・六本木の同局で収録を行った。

 同番組は、タレントたちがレシピなしでガチンコ料理バトルを行うバラエティー。TOKIOは試食側で出演したメンバーはいるものの、料理を作る側は初。普段同番組のMCを務める城島茂(35)は「気合入ってます。料理の腕を見せたい!」と力強くPRした。団体戦では、おせち料理で青木さやか(32)らレギュラー陣に挑んだメンバーたちだが、結果は…?
posted by ジャニ at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年09月21日

完結!ドラマ・白線流し…長瀬「10年は大きい宝物」

TOKIOの長瀬智也(26)が主演するフジテレビ系人気シリーズの最終章「白線流し〜夢見る頃を過ぎても」(10月7日金曜後9・0)の記者会見が20日、東京・赤坂の東京全日空ホテルで行われた。

 信州・松本北高校を卒業した主人公、渉(長瀬)やヒロイン・園子(酒井美紀)ら7人の若者の姿を追った青春群像劇。平成8年1月から3月まで連続ドラマ放送後、過去4作のスペシャルが制作された。今回は渉の父親がかつて働いていた天文台の閉鎖問題をきっかけに、渉と園子が再び出会い、試練を乗り越えていこうとする姿を中心に5人の仲間(京野ことみ、柏原崇、馬渕英里何、中村竜、遊井亮子)が各々の人生の分岐点にどのように向かっていくかを描く。
posted by ジャニ at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年08月14日

山口達也、坂本九さん命日に墓前でドラマ完成報告

テレビ東京系「坂本九没後20年ドラマスペシャル『上を向いて歩こう 坂本九物語』」(21日後9・0)に主演するTOKIOの山口達也(33)が12日、東京・西麻布の長谷寺にある坂本九さんの墓にドラマの完成を報告した。

 この日は九さんの命日(享年43)。山口は、九さんの妻で女優の柏木由紀子(57)と神妙な面持ちで手を合わせた。山口は「初めましてと、とにかく言いたくて。坂本さんは僕のことを知らないと思うので自己紹介をして、やらせていただきましたと言いました。生涯の中でものすごくいい仕事と出会えたと思っています」と真剣な眼差しで語った。

 昭和60年に日航機墜落事故で死去した九さんの生涯を初めてドラマ化。山口は九さんの15歳から43歳までを演じ、九さんのヒット曲も数曲歌う。一方、原作者の1人でもある柏木は「若い皆さんに坂本九を知っていただけるのが嬉しい」と話していた
posted by ジャニ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年06月17日

TOKIO山口達也「坂本九」演じる

人気グループ・TOKIO山口達也(33)がテレビ東京系ドラマ「上を向いて歩こう〜坂本九物語」(脚本・ジェームス三木氏、8月放送)で坂本九さん役を演じることになり16日、都内のホテルで制作発表が行われた。

 航空機事故により43歳で亡くなってから今年で20年。九さんの生涯を描いた初ドラマ化作だ。15〜43歳までの九さんを演じる山口は「生の姿は記憶にありませんが、紅白歌合戦の映像などを見て参考にしています」。劇中では表題曲など数曲を披露するが「物まねしてもしようがない。僕なりの歌い方でやります」と自然体。万人を魅了した笑顔も「こういう仕事をやっていますから、自分でも大事にしている部分」と自信を見せた。
posted by ジャニ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年05月25日

長瀬智也、最後の「白線流し」

TOKIO長瀬智也(26)が主演するフジテレビのドラマ「白線流し」が、10年越しで完結を迎える。今秋に「白線流し〜夢見る頃を過ぎても」がスペシャル第5弾として2年ぶりに復活することが24日、分かった。96年の放送開始以来、同一の出演者で10年間も続いた名物ドラマだが、いよいよ今回が最終章となる。
 ドラマは長瀬、酒井美紀(27)らが演じる高校の同級生7人の友情と成長を描いてきた。最初は連続ドラマで、その後はスペシャル版で回を重ねた。前回03年9月のスペシャルでは、長瀬演じる渉(わたる)が、酒井演じる園子への思いを断ち切り、青年海外協力隊で知り合った美里(原沙知絵)の故郷に去った。今回は、渉と高校教師の園子が再会。それぞれの試練に立ち向かう。
 台本を読んだ長瀬は「時の流れというか、大人になったなあと、つくづく、主人公の成長ぶりを感じました」と感慨深げ。第1作がクランクインした時、長瀬は16歳で、初の連ドラ主演だった。「このドラマは僕の原点。終わってしまうのはとても寂しい。でも、いつの日かまたやれる機会があればうれしいですね」と話した。
posted by ジャニ at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(3) | TOKIO

2005年04月01日

TOKIO 11年目へ「いいスタート」

昨年秋にデビュー10周年を迎えた5人組・TOKIOが31日、東京・北の丸の日本武道館で11年目で初めてとなるツアー「TOKIO LIVE TOUR2005〜ACT2〜」の最終公演を盛況のうちに終えた。メンバーは「11年目のいいスタートを切れた。20年目に向かって走り続けたい」と充実の笑顔を見せた。
 長瀬智也(26)は「ファイナルまでたどり着くことができてホントに感謝しています。心行くまで楽しんでもらいたい」と満員のファンに元気よくあいさつした。
 「音にこだわった」という今回のステージ。ツアー5日前に半分以上の曲目を急きょ変更するなどの大改革を経て、最もTOKIOらしいものに仕上がった。
 長瀬は「去年無事10周年を迎え、20年目に向かってまた走り続けてます。いざ最後になると寂しい。完全燃焼して楽しむことに命をかけたい」と武道館狭しと走り回り、ラストステージを飾った。
 この日は最後とあって、松岡以外4人の発案で曲目表にないサプライズ曲「Purple Rouge」を追加。ドラムの松岡昌宏が、4人の演奏でメーンボーカルを務めるハプニングもあった。松岡本人もファンもビックリ。結局、「自分のために」など21曲を披露した。
 メンバーは「いい走り出しができて幸せ」(松岡)「第2ステージのはじめの一歩をすごく大切に考えていた。音を聞いてくれてうれしい」(山口達也)と力いっぱいの音楽でファンと盛り上がり完全燃焼した。
 2月5日から始まったツアーは10会場21公演11万5千人、武道館だけで5万人を動員。国分太一は「今できるすべてをぶつけた。もっといろんな人に会いたい」と意欲的。リーダーの城島茂は「初心に戻って11年目やっていきます」と気合を見せていた。
posted by ジャニ at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年03月08日

TOKIO城島&山口のゴクゴク「一(はじめ)」

TOKIOの城島茂(34)と山口達也(33)が7日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたコカ・コーラシステムの新緑茶製品「一(はじめ)」の記者発表会に参加した。

 この日、都心の六本木ヒルズに茶園農家の雰囲気を再現した「六本木“一(はじめ)村”」が出現。13日までの期間中、手軽に参加できる様々なイベントが予定されており、茶園農家を五感で体験できる。さらに、城島との書道対決を制した山口の「一」の文字が、縦約40メートル、横約19メートルの巨大壁面広告としてノースタワーの壁面に採用されている。

 同商品CMキャラクターの2人は、「TOKIOだけど田舎の似合うタレントになりました」と再現された家の中から登場し、「貴重な体験ができた」と鹿児島県で行われたCM撮影を満喫した様子。

 昨年、デビュー10周年を迎えたTOKIO。報道陣から「そろそろ家族を作る予定は?」と質問されると、城島は「(少年隊の)東山さんが作らない限りは無理です」と先輩に先を譲っていた。
posted by ジャニ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2005年02月21日

TOKIO松岡がホスト初挑戦 5月TBS系ドラマ「夜王」

TOKIO松岡昌宏(28)が、TBS系ドラマで初のホスト役に挑戦することが20日、明らかになった。水曜プレミア「夜王(やおう)」(5月放送予定)の主人公・的場遼介役を務める。週刊ヤングジャンプ(集英社)に連載中の人気漫画をドラマ化したもので、失敗を繰り返しながらも女性客の心をつかみ、夜の街の頂点を目指す若者を描くサクセスストーリー。原作の愛読者でもある松岡は「独特な雰囲気を壊さないように演じていきたい」と意気込んでいる。

「雰囲気壊さないように」
 ネオンきらめく夜の街。高級スーツに身を包み、華やかな接客を繰り広げるホストの世界に松岡が挑むことになった。

 ドラマの原作になるのは週刊ヤングジャンプで連載中の「夜王」(作・倉科遼、画・井上紀良)。単行本は第7巻まで発売中で、計50万部を記録する人気コミックだ。

 松岡が演じる主人公・的場遼介は、北海道出身の元暴走族。都会で一旗あげることを目指して上京するが、何の夢も目標もなく挫折。しかし、ある女性との出会いをきっかけにホストの世界へ飛び込み、その成長を描くサクセスストーリーとなっている。

 「連載が始まった当初からの愛読者」という原作ファンの松岡。長身に整った顔立ちはホスト役にピッタリで「役の話をもらったときはうれしかった」とノリノリだ。「ホストクラブは女性が癒やされたり、夢をつくる場所なので、その一種独特な雰囲気を壊さないように演じていきたいと思います」と意気込んでいる。

 役づくりには「ホスト王」と呼ばれ、著作なども多いカリスマホストの零士さんの指導も受けた。洗練されていくイメージを、下ろしていた前髪を立ち上げることなどでつくりながら、「夜王」を体現していく。加藤章一プロデューサーも「松岡君は『成り上がり感』というか、ひとりの男が何かに向かっていく男臭さや、一本しんが通っているところなど、はまりすぎるほどはまっている」と期待を寄せている。

 これまでクラブやキャバクラを舞台にしたドラマはあったが、ホストクラブを舞台にしたドラマは異例なだけに、その意味でも注目を集めそう。加藤プロデューサーは「格好いい男の子と話したいという単純な欲望に加え、非日常の世界へのあこがれ、ホストを指名して自分好みの男を育ててみたいという女性の『夢』をかなえます。金と欲にまみれた世界だけでなく、人と人との触れ合いや、女性が癒やしを求める世界だということを伝えたいと思います」と話している。
posted by ジャニ at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(2) | TOKIO

2005年01月24日

TOKIO松岡&長瀬ドラマ共演

TOKIOの松岡昌宏(28)と長瀬智也(26)がテレビ朝日の2時間ドラマ「明智小五郎VS金田一耕助」(2月26日、後9・00)で、日本の2大名探偵役に挑戦する。横溝正史の「金田一耕助」と江戸川乱歩の「明智小五郎」を現代によみがえらせ、夢の顔合わせが実現。松岡が明智、長瀬が金田一に扮し、難事件を推理する。

 2人のドラマ共演は約10年ぶり。松岡は「お互いに仕事のやり方がまったく変わった。長瀬は、ここでこういう芝居をしてくるだろうと思っても、まったく違って面白い」。長瀬も「10年ぶりの共演を楽しんでいます」と話している。
posted by ジャニ at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

2004年11月19日

「弟」上々発進“5夜で100%”見えた

 17日に放送されたテレビ朝日のスペシャルドラマ「弟」第1夜の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が、23・6%を記録した。

 石原裕次郎さんの生涯を、兄の石原慎太郎東京都知事の視点でつづった同名ベストセラー(幻冬舎刊)のドラマ化で、21日までの5夜連続放送。第1夜では、小樽で過ごした少年時代から神奈川・逗子へと移り、兄弟をTOKIOの長瀬智也(26)、徳重聡(26)が演じる10代後半までの、家族のきずなが中心に描かれた。

池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX
池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX
posted by ジャニ at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。