2005年05月25日

長瀬智也、最後の「白線流し」

TOKIO長瀬智也(26)が主演するフジテレビのドラマ「白線流し」が、10年越しで完結を迎える。今秋に「白線流し〜夢見る頃を過ぎても」がスペシャル第5弾として2年ぶりに復活することが24日、分かった。96年の放送開始以来、同一の出演者で10年間も続いた名物ドラマだが、いよいよ今回が最終章となる。
 ドラマは長瀬、酒井美紀(27)らが演じる高校の同級生7人の友情と成長を描いてきた。最初は連続ドラマで、その後はスペシャル版で回を重ねた。前回03年9月のスペシャルでは、長瀬演じる渉(わたる)が、酒井演じる園子への思いを断ち切り、青年海外協力隊で知り合った美里(原沙知絵)の故郷に去った。今回は、渉と高校教師の園子が再会。それぞれの試練に立ち向かう。
 台本を読んだ長瀬は「時の流れというか、大人になったなあと、つくづく、主人公の成長ぶりを感じました」と感慨深げ。第1作がクランクインした時、長瀬は16歳で、初の連ドラ主演だった。「このドラマは僕の原点。終わってしまうのはとても寂しい。でも、いつの日かまたやれる機会があればうれしいですね」と話した。
posted by ジャニ at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(3) | TOKIO

2005年05月21日

内博貴、肺気胸から仕事復帰

肺気胸で療養生活を送っていた内博貴(18)が20日、愛媛県内で行われたフジテレビの連続ドラマ「がんばっていきまっしょい」(7月5日スタート、火曜午後10時)のロケ収録で仕事復帰した。内は人気グループNEWSと関ジャニ8のメンバー。5月9日に肺気胸と診断され、出演中の舞台を降板した。この日海岸の砂浜で行った収録に元気に参加。共演の鈴木杏(18)から花束を受け取った。「もう大丈夫。早く復帰したかったのでうれしい」と笑顔で話していた。
posted by ジャニ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | NWES

2005年05月16日

V6、10周年記念映画のカット公開

V6のデビュー10周年記念映画「ホールドアップダウン」(SABU監督、今秋公開)の場面写真が15日、初公開された。ある事件をきっかけに銀行強盗、刑事、ストリートミュージシャン、トラック運転手の運命がからみ合うアクションコメディー。7月完成を目指し、現在撮影中だ。
 井ノ原快彦(28)三宅健(25)のサンタクロース姿の銀行強盗や、ミュージシャン役の岡田准一(24)が長髪と伸ばしっぱなしのヒゲのメーキャップをしている様子など、珍しいふん装が楽しめる。スピーディーな展開の中に笑いを誘うエピソードも散りばめられ、井ノ原は「今年の秋は日本中を笑いのうずに巻き込みます」。三宅も「最高にくだらない、最高に笑える映画」とコメントした。
 SABU監督は03年にV6主演の映画「ハードラックヒーロー」の脚本、監督を務めたが、森田剛(26)は「前作よりもパワーアップしています」。また同監督はベルリン映画祭で最優秀アジア映画賞を獲得するなど国際的知名度も高く、同映画も海外の映画祭から招待される可能性が高そうだ。
posted by ジャニ at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | V6

2005年05月11日

NEWS・内博貴、肺気胸のため緊急手術

人気アイドルグループ「NEWS」「関ジャニ8(エイト)」のメンバー、内博貴(18)が肺気胸のため緊急入院。今週中に手術を受けることが10日、わかった。全治3週間の見通しで、大阪・梅田芸術劇場で出演していたミュージカル「Hey!Say!DREAM BOY」(15日まで)を降板した。

 ジャニーズ事務所によると、内は8日夜、同舞台に出演中、胸に強い痛みを感じた。9日朝になっても収まらないため、病院で検査を受けたところ、肺気胸と診断され、即日入院した。。

 内はこの日、事務所を通じ、「皆さんにご迷惑やご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません」と謝罪。ファンにも「千秋楽まで舞台に立つことができないのは悔しいですが、今は治療に専念することにしました。残念ですが、1日でも早く治して、元気な姿を皆さんにお見せできるよう完治に向けて頑張ります」とメッセージを送った。

 7月5日スタートのフジ系新ドラマ「がんばっていきまっしょい」(火曜後10・0)への出演が決まっているが、クランクインを延期し、完治次第、収録に参加する。また19日に都内で出演を予定している「じゃがいもの会」やレギュラー番組は、メンバーが補う。
posted by ジャニ at 17:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | NWES

2005年05月05日

義経タッキーに過去最高の28万人

NHK大河ドラマ「義経」の主演、滝沢秀明(23)が3日、岩手・平泉町で行われた「春の藤原まつり」の「源義経公東下り行列」に参加した。行列は45回続く恒例行事。例年20万人の人出があるが、今年は滝沢秀明人気で平泉町の人口約9000人の30倍に上る過去最高の28万人が殺到した。
 源頼朝に追われた弟の義経が、奥州の藤原秀衡を頼って逃れた情景を再現。直垂(ひたたれ)姿の滝沢は白馬にまたがり、ふん装した91人の行列に加わって毛越寺から中尊寺金色堂の約4キロを1時間半かけて行進した。
 到着地の中尊寺の貫首(かんす)から「タッキーさん、あなたのおかげで、中尊寺は空前の人出です。タッキーさまさまでございます」と礼を言われると「連休中にこうしてみなさんとお会いできてうれしいです。平泉さまさまです」と返した。またドラマは高視聴率を記録中だが、沿道の老若男女から声援を浴び続けて「子供からお年寄りまでどういう方たちに見ていただいているか知ることができてよかった。期待を裏切らないように演じてきたい」と気を引き締めていた。
posted by ジャニ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | タッキー&翼

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。